朗読暦>東京都の朗読会

第1521回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)先達詩人菊田守 初参加!

開催日:2017年4月28日(金)
開催場所:東京都 東京平和教会(駒込)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指す天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
今年、先達詩人に選出された詩人菊田守、Projetに初参加。
先日、詩人神泉薫が、東京新聞夕刊に、エセイ「天童大人さん企画「詩人の聲1500回」自在に踊ることば 通じ合う喜び 蘇る」が掲載された夕刻、菊田守から電話があり、Projetに参加したいと申し出があった。
喜んで、肉聲の復権を目指すこのProjetに参加されることは、喜ばしいことだ。
かって、詩人土橋治重主宰、詩誌「風」で、わたしも同じどうじんだった事がある。「風」から、現在では、詩誌「花」を主宰されている。
どんどん多くの詩人が参加されて、1時間余り、自分自身である自作の詩と向き合っていただき、少しでも、詩が社会に認知されるようになってもらいたい。
この東京平和教会での公演は、この回をもって、残念ながら、一応、終わることになる。この空間を貸すことに、牧師たちの中で、反対があるようなのだ。残念なことだ。

さて詩人菊田守の聲。初めての聲に、どんな詩のコトバを、聲に乗せるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
東京平和教会(駒込) 
〒170-0003豊島区駒込1-28-8 2F 
JR駒込駅東口駅下車徒歩1分
Tel:090-3696-7098(天童)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

谷川俊太郎トリビュートLIVE「俊読 2017」

開催日:2017年4月30日(
開催場所:東京都 クロコダイル
時間:19時30分開演(18時00分開場)
料金:4000円 予約3500円。飲食代別途必要。
関連web: 桑原滝弥・情報ブログ (http://shijinrui.blogspot.jp/)
内容:
谷川俊太郎トリビュートLIVE
「俊読 2017」


2017年4月30日(日)
開場/18:00 開演/19:30
(終演/22:30)


◇出演
谷川俊太郎
文月悠光
猫道(猫道一家)
石原ユキオ
カワグチタケシ
西田夏奈子
吉田和史
もり
桑原滝弥


◇料金
予約/3500円 当日/4000円
(税込。飲食代別途必要)
※当日は満席が予想されます 。早めのご予約・ご来場をお勧めします。


◇会場
クロコダイル
(東京都渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口B1F)
TEL:03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp/


◇お問い合わせ
詩人類
TEL:090-8545-2708
takiyakuwahara@yahoo.co.jp
http://shijinrui.blogspot.jp/



この国の子供たちは皆、この男の詩を読んで大きくなった・・・

さまざまな詩人/アーティストに、谷川俊太郎本人も登場。
毎回ソールドアウト必至の大人気ポエトリーイベント第9弾!!!







【出演者プロフィール】


谷川俊太郎 shuntaro tanikawa
詩人。1931年東京生まれ。
1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年『月火水木金土日の歌』で第四回日本レコー
ド大賞作詞賞、1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年『日々の地図』で第
34回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』
で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞な
ど幅広く作品を発表。近年では、詩を釣るiPhoneアプリ『谷川』や、郵便で詩を送る『ポエメー
ル』など、詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。
http://www.tanikawashuntaro.com/


文月悠光 yumi fuzuki
詩人。1991年北海道生まれ。
16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年時に第1詩集『 適切な世界の適切ならざる私』で、中原中
也賞、 丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。2016年、 初エッセイ集『洗礼ダイアリー』、
第3詩集『わたしたちの猫』 刊行。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、 ファッションや
音楽とのコラボレーションなど広く活動中。
http://fuzukiyumi.com/


猫道(猫道一家) nekomichi
スポークンワーズパフォーマー。1980年東京生まれ。
野外演劇の脚本・演出を経て、2008年よりソロライブを開始。朗読・ ラップ・一人芝居の要素
を合わせた新しい話芸「猫道節( ねこみちぶし)」を追求している。 ライブではサンプラーや
シーケンサーを演奏しながら自作テキストを語り、歌っていく。 ドキュメンタリーからフィク
ションまで幅広い作風で活動中。
https://twitter.com/nekomichic


石原ユキオ yukio ishihara
憑依系俳人。1982年岡山生まれ。
2014年、神戸にて『BL句会』を開催。BL俳句誌『庫内灯』に参加。2016年、葉ね文庫(大阪)『
葉ねのかべ』プロジェクト第二弾として新作30句を展示。TOKYOART FLOWにて詩人集団oblaatの
一員として『おそいおそいおそい詩』共同制作に参加。『俊読』には2010年以来2回目の出演。
http://d-mc.ne.jp/blog/575/


カワグチタケシ takeshi kawaguchi
詩人。1965年千葉生まれ。
1980年代前半より詩作を始め、各地でポエトリーリーディングを行う。1998年よりインディーズ
出版社プリシラレーベルを主宰し、朗読CD制作、書籍出版、ライブイベントを開催。詩集『都市
計画/楽園』『ユニバーサル・ボードウォーク』『新しい市街地』『ultramarine』他。
http://kawaguchitakeshi.blogspot.jp/


西田夏奈子 kanako nishida
女優/歌い手/バイオリン弾き。1974年神奈川生まれ。
女優としてNODA・MAP、FUKAIPRODUCE羽衣、てがみ座、木ノ下歌舞伎など多くの劇団に出演、舞
台やライブでは歌やバイオリンの演奏もどんどんします。また、都内のライブバーや喫茶店など
で童話や詩の朗読をすることもあります。あまり披露する場がないけれど、けん玉2段。
http://ebiko.sblo.jp/


吉田和史 kazushi yoshida
シンガーソングライター。1979年埼玉生まれ。
ドキュメンタリー映画監督、報道番組ディレクター等を経て、2014年より新宿の酒場を中心にオ
リジナル曲の弾き語りを始める。2016年からはバンド“吉田和史×夜窓”を結成し、ライブハウ
スでも活動。現在、2017年夏のリリースに向けて1st full album『ルーザーズ(仮)』を鋭意制
作中。
http://artist.aremond.net/kazknee/


もり mori
朗読詩人。1989年高知生まれ。
10代の約7年におよぶ引きこもり生活中、詩らしきものを書きはじめる。2008年上京。大学生と
なり詩を忘れ、専らカラオケで自己表現をする。大学卒業後、社会の荒波にもまれ、再び溢れ出
した言葉たちは、詩。2016年、朗読デビュー。「しぶとく、詩太く」闇を抱いて光に賭けて、活
動中。
https://morimomite.jimdo.com/


桑原滝弥 takiya kuwahara
詩人。1971年三重生まれ。
演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年詩作を開始。以降、様々な媒体で作品を発表。
海外での活動、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも積極
的に展開。最新刊に写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著/FOIL)。2006年
より、本イベント『俊読』を主催。
http://shijinrui.blogspot.jp/

第1523回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)田中健太郎 43回目の参加

開催日:2017年5月3日(水)
開催場所:東京都 Cache-cache d`Art(自由が丘)
時間:17時00分開演(16時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
富山市在住の詩人田中健太郎、Projet参加、43回目の聲を、移転、新築した自由が丘のCache-cache d`Artの宙に、初めて聲を撃ち込む!
どんな聲の響きを齎すのか?
「詩人の聲叢書」の第二巻に予定している、『エッセイ 旅ゆくヒトガタ』(響文社刊)が間に合えばいいのだが。

乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました) 〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第27回国際芸術連盟『朗読』オーディション

開催日:2017年5月6日(
開催場所:東京都 江戸川区立東部フレンドホール
時間:13時00分開演
料金:0円 参加料7000円
内容:
朗読文化の振興発展を目的とし、また優れた朗読家
の発掘並びに活動の場の提供を目的としたオーディ
ションです。

応募資格:一切を問いません

課題:小説、詩、民謡等日本語で書かれたものの
   朗読。但し、俳句、短歌は除く。

申込期間:2017年2月28日(火)~4月28日(金)

オーディション合格者は『JILA朗読フェスティバ
ル』(2017年7月31日)に出演していただきます。
チケット:1枚2500円

要項のご請求、お問合せ、申込みは下記までご連絡
ください。
国際芸術連盟
〒160-0022 新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル 2階
TEL:03-3356-4033 FAX:03-3356-5780
Mail:music@jila.co.jp 
HP:http://www.jila.co.jp

第1524回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)筏丸けいこ 45回目の参加

開催日:2017年5月8日(月)
開催場所:東京都 Cache-cache d`Art(自由が丘)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人筏丸けいこ、 Projet参加、45回目の参加。
書き継いで、梱りに眠っていた『人間ポンプ』が、このProjetで、聲に乗せて、復活した。
一冊の著書として、間もなく、フラミンゴ社から『人間ポンプ』が発刊される。
もしかすると、この日には、刊行されているかも知れない。
Projetで、続けて聲を撃ち込んできた成果の1冊。
改めて詩人の聲の継続の結果の一つ。
さて今回は、どんな聲とコトバとを聴かせてくれるのか?

予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)(近くに移転しました) 〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1525回 Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)天童大人 76回目の参

開催日:2017年5月12日(金)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
1ヵ月、聲を撃ち込むことを休んで、4月に聲を撃ち込んでみて、肉聲を或るレベルで保つには、毎月、聲を撃ち込んで生態を鍛えていかなければ、到底、野外では自然の大気に太刀打ちできないことは歴然としている。
もう磁場が低いこの島では、どんどん聲を撃ちにくくなっていることに、改めて気づかされた。
二年前の9月のイランでの国際詩祭から2年を経た。
そろそろ海外で、多くの未知の詩人たちと聲で渡り合いたいものだ。
第28回目の天童大人聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社を控えた今回の聲は、新しい場での聲だけに、どんな聲を撃ち込めることが出来るのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

朗読音楽会「ロバのおうじ」

開催日:2017年5月13日(
開催場所:東京都 スタジオ・ピオティータ
時間:13時00分開演(12時30分開場)、16時00分開演(15時30分開場)、19時30分開演(19時00分開場)
料金:2500円 当日入場は3000円
関連web: 朗読音楽会「ロバのおうじ」Facebookページ  (https://www.facebook.com/robalute/)
内容:
【出演】添田沙南(朗読)永田斉子(リュート演奏&構成)
【演目】
『ロバのおうじ』(グリム童話より、M.ジーン・クレイグ・再話)
『待ち合わせ』(委嘱作品 木村洋平・作)

【この公演についての詳細情報】
http://seikonagata.com/2017/03/23/robalute20170513/blog
チケット予約:https://tiget.net/events/9224

【朗読音楽会「ロバのおうじ」活動の記録】
永田斉子公式サイト内 http://seikonagata.com/projects-robalute

阿佐ヶ谷アートストリート2017 prezents 詩の朗読と音楽とライブペイント 「その衝動は

開催日:2017年5月14日(
開催場所:東京都 杉並区立商工会館 展示室 1階(杉並区阿佐谷南3-2-19)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:2000円 ドリンク付
関連web: 阿佐ヶ谷アートストリート2017 (https://tiget.net/events/9620)
内容:
【出演】成宮アイコ(朗読詩人 / ポエトリースクリー
ム)
葛原りょう(詩人 / 大衆文藝ムジカ編集長)
Tokin(イラストレーター)
こもりきひ(ギター)

【時間】開場18:30 開演19:00(20:45終了)
【料金】2000円(当日券のみ)※ドリンク付き
※TIGETではシステム上「前売り」が表示されます
が、当日2000円のみとなります。

【イベント説明】
いじめ・家庭内暴力・不登校・ひきこもり・躁鬱・リ
ストカット・・・健全に生きられなかった詩人2人が
音楽&ライブペインティングと共に「生きること」を
さらけだして叫びます。「なににもなれない自分」
「どこにも属さない自分」そんなグレーゾーンで孤独
と葛藤を抱える僕らのハードルは全部ぶっ倒して生き
ていこう。あなたの中にある痛みが、忘れられないク
ソみたいな黒歴史が、いつか明日の糧になりますよう
に。かき消されない感情をなかったことにしない。忘
れたいような気持ちがいつかわたしとあなたの糧にな
りますように。

■成宮アイコ(朗読詩人 / ポエトリースクリーム)
機能不全家庭で育ち、強迫神経症/社会不安障害に悩ま
され、不登校やリストカットを経験。赤い紙に生きづ
らさをテーマにした詩や短歌を読み捨てていく絶叫朗
読のライブ活動をしている。フジテレビ「スーパーニ
ュース」や「朝日新聞・全国版」で紹介され、新潟と
東京を拠点に、神奈川・千葉・秋田・長野・富山・京
都・大阪など全国で興行。大ホールでの真面目なフォ
ーラムから、地下のライブハウスまで何でも出演。生
きるためのアジテーションを目指して本当のことばか
り言っていたら、YoutubeやAmebaからたびたびコン
テンツを消されるため、絶対に黙らないでいようと心
に決めている。

■葛原りょう(詩人 / 文藝ムジカ代表)
詩人・歌人・俳人。7歳より不登校を始める。喘息、
アトピーにより毎年入院し病院に親しむ。いじめによ
り特別学級で暮らす。農薬スミチオン服毒数回、切腹
自殺を図るが警官に囲まれ13針の未遂に終わる。絶唱
バンド「ムジカマジカ」でパリ遠征と12回のワンマン
ライヴを成功させる。歌人・福島泰樹氏に師事。詩集
に『朝のワーク』『魂の場所』。第3回芝不器男俳句
新人賞対馬康子奨励賞受賞。2014年暮れに第一歌集
「風の挽歌」を上梓。同歌集が第8回日本一行詩大賞
新人賞、第三回黒田和美賞とダブル受賞となる。

■Tokin(イラストレーター、アーティスト)
アーティスト、イラストレーター。心理やメンタルヘ
ルスをテーマにした絵の制作を行なっており、個展の
開催、グループ展への参加の他、イベントへの出演も
多数。解離性障害、双極性障害と暮らす日常を描いた
フリーペーパー「ゾンビ道場」を2012年より不定期発
行中。「季刊・Be!」にてマンガ「当事者研究室…って
ほどじゃないけど!」を連載。痛みと生きる現実と、
無意識のファンタジーを繋ぐことがモットー。そこか
ら見える世界は何色?

■こもりきひ
千葉県出身、元不登校、元ひきこもり、元ニート。音
楽が好きでひきこもって家で楽器を弾いていた。2年
前から三線を習い初めて人前で演奏始める。千葉を中
心に地域のイベントで活動している。

第1526回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)神泉薫 56回目の参加。

開催日:2017年5月16日(火)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人神泉薫、Projet参加、56回目の聲!
昨年、初めて参加した天童大人、聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社で、豊玉姫の一族から歓待された詩人神泉薫。今年2回目の聲ノ奉納に、参加を予定しているが、どんなことが起こるのか?
詩人紫圭子が上梓した詩集『豊玉姫』を献納する場に立ち会うのは4人。その後、海中の一の鳥居から、撃ち込まれる聲は、如何に響くのか?
何がどう、動くのか?
その試みを成就させるためにも、新たな場で、聲を試みながら撃ち込んでみることだ。

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/

第1527回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)原 詩夏至、2回目の参加。

開催日:2017年5月18日(木)
開催場所:東京都 Unica Gallery(三宿)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデューサーー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人・歌人・俳人原 詩夏至、Projet参加、2回目の聲!
聲を1時間余り、撃ち込み続けた1回目の経験が、今後、どう活かされてくるのか、は、常に試み続けて行かなければならない。
今回は、何を中心に、聲を撃つのか?
現代の詩、俳句、短歌と多彩な才能を、どう開花させるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
Unica Gallery(三宿)       
〒154-0004 世田谷区太子堂1-1-13佐々木ビル2F-D 
Tel&Fax03-3422-3049 東急バス:三宿下車、徒歩4分

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1528回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)原田道子 56回目の参加

開催日:2017年5月19日(金)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人原田道子、Projet参加、56回目の聲。
昨年、詩集と評論集とを刊行した。
忙しいことと聲を撃ち込むこととは、関わりない。
どんなに回数を重ねても、聲を撃つことを怠ってはならない。
聲を出してみれば分かる。
さて今回、新しい場で聲を撃つが、どんなことが原田道子には分かるのか?
こうご期待!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1529回Projet la Voix des Poètes(詩人の聲)友理 49回目の参加。

開催日:2017年5月20日(
開催場所:東京都 Cache-cache d`Art(自由が丘)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
Projet参加詩人の最年少、友理、Projet参加、49回目の聲!
大台の50回を目前とした聲とは、どんな聲か?
ゴットン節を自分の節にした友理のリズム。
これからゴットン節をゆっくり世界に広げて行けばいいのだ。
書けるときに書き、聲を撃てるときに撃つ。
構えることもなく、自然に聲を撃てれば、さらに良い。
さて今回、新しいCache-cache d`Artでの初めての聲。
どんな聲を聴けるのか?
乞う、ご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)
(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1530回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 禿慶子 44回目の参加!

開催日:2017年5月22日(月)
開催場所:東京都 Cache-cache d`Art(自由が丘)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
現在、このProjetで、聲を撃ち込む80歳代の詩人のおひとりである禿慶子の聲を、特に若い詩人には、聴いて頂きたい。
これだけの張りの有る力強いを聴けることは、今後の各自の指針になり得る肉聲だからだ。
4月に引き続き、聲を撃ち込んでいただく!特に新しい場を、出来るだけ早く、聲の力で、場を活性化させたいからだ。
詩人禿慶子の聲を聴きことが、本当に楽しみなのだ!
今回は、先月に続き、新しい場に、どんな聲を解放して、聴かせてくれるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)
(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車 徒歩4分 魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1531回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲) 勝嶋啓太 11回目の参加

開催日:2017年5月23日(火)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」-
詩人勝嶋啓太 Projet参加、11回目の聲!
10回の大台を超えた聲とは?
第1回から、詩人勝嶋啓太の聲を聴き続けていれば、どのくらい変わったかが直ぐに、分かる筈なのだ。
これが、2,3ヶ月に1回では。劇的な変化は感じられないかもしれない。
これからは新作を聲に乗せて行けば、作品の質まで、変わってくる。
どんな聲とコトバとが、新しい場で、どう聴けるのか?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1532回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)長谷川忍 50回目の参加

開催日:2017年5月24日(水)
開催場所:東京都 Cache-cache d`Art(自由が丘)
時間:19時30分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
詩人長谷川忍、今回で、Projet参加、50回目の大台に到達する。
50回を超えた詩人は、4人目になる。
良く続けて聲を撃ち込んできたものだと思う。
今回は、新しい場で、2回目の聲。
毎回、2編の新作を発表し続け、いつでも新詩集の刊行が出来るのだ。
それも毎月、聲を撃ち込んでいる成果が、はっきり分かる。
さて今回の聲は?
乞うご期待!

予約・お問い合わせは
Cache-cache d’Art(自由ガ丘)
(近くに移転しました)
〒158-0083 世田谷区奥沢5-21-12
東急東横線:自由が丘駅南口下車徒歩4分 
魚菜学園坂上
Tel:080-3455-2111(西端)

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

語りと音楽の世界

開催日:2017年5月26日(金)
開催場所:東京都 ティアラこうとう 小ホール
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3500円
内容:
服部和彦&遠藤徹二による作品展

◆第一部
服部和彦 作「青い花びらの舞う」
F.G.ロルカ 詩「ガリーシアの六つの詩編」
紫式部 作『源氏物語』より「藤壺」

◆第二部
遠藤徹二 作「怒濤のごとく」

予約、お問合せは下記までご連絡ください。
国際芸術連盟
〒160-0022 新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル 2階
TEL:03-3356-4033 FAX:03-3356-5780
Mail:music@jila.co.jp 
HP:http://www.jila.co.jp

第1533回Projet la Voix des Poètes(詩人の聲) 菊 田守 2回目の参加 

開催日:2017年5月29日(月)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
今年、先達詩人に選出された83歳の詩人菊田 守、Projet参加、2回目の聲。
場所が替わって聲を撃ち込むことが、どう体に影響するのか?
1回、1回、しっかりと回を重ねて行けば、自ずから見えてくる世界。感じる世界が分かってくる。
自分自身が生み出した詩作品の世界が、はっきりと立ち上がってくるのだ。
読むための詩ではない。書いた作品が、良ければ聲に乗せてみれば、分かる世界がある。
<耳で読んで目で聴く>という新たな世界に、詩人菊田守は、足を踏み入れたようだ。
こうごきたい!

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1534回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)竹内美智代 44日目の参加

開催日:2017年5月30日(火)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
鹿児島弁を駆使できる詩人竹内美智代のProjet参加、44回目の聲。
遂に、鹿児島の方言で、との副題を持つ詩集『聲にのせたことばたち』が、「詩人の聲叢書」、第3巻として刊行された。
予定より大幅の遅れを、お詫びします。
上段は鹿児島の方言で、下段を共通語で印刷されているので、是非、詩人竹内美智代の聲で、この詩集『聲にのせたことばたち』を、お聴き願いたい。

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

第1535回Projet La Voix des Poètes(詩人の聲)秦ひろこ 30回目の参加

開催日:2017年5月31日(水)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2700円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指した天童大人プロデュースー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-
四日市市在住の詩人秦ひろこ、Projet参加、30回目の聲。
大台の30回目の参加。
もっと聲を撃ち込むことの意味、Projetに参加する意味を、もう一度、真剣に考えて聲を撃ち込むことだ。
例えば、1冊の詩集の制作にも多くの人の助力で出来上がるので、自分一人で、気楽に何でもできると早計に考えて、行動することは、考えられたら良いのだ。
地方から参加する詩人には、地元に、1時間、きちんと聲を撃ち込めることが出来ないから、参加される。
先日、幡谷で、あるマスタークラスが開催された。主催者から誘われたので、参加した。そこに宇都宮から来られた歌い手が数人いた。貴重なチャンスを自分のものにしょうと、学んでいる。
詩人たちの態度とは、大違いなのだ。
唯、回数を重ねれば良いと言うものではない。
では、今回の秦ひろこの聲とコトバとは、何を伝えてくれるのか?

予約・お問い合わせは
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
(移転しました)
〒104-0031中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel03-3562-1305, Fax03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp http://g-tokyohumanite.jp

予約・お問合わせ・その他は:
北十字舎/ 松本匡史
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797 
Mobil: 090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/ 

月琴で綴る龍馬の手紙@東京

開催日:2017年6月3日(
開催場所:東京都 Space415
時間:15時00分開演(14時30分開場)、19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 当日券は3500円
関連web: リュート&月琴奏者・永田斉子公式サイトコンサート情報 (http://seikonagata.com/informations)
内容:
【出演】原きよ(朗読)永田斉子(月琴&構成)
【演目】坂本龍馬の手紙とその妻お龍の回想録を元に構成した物語を、
お龍が愛奏した月琴の涼やかな音色にのせて語ります。
龍馬はお龍を「面白き女」と綴り、お龍は龍馬を「妙な男」と語ってい
ます。当時としては桁外れのこの二人、その知られざる夫婦の日常会話
や大笑いして過ごしたエピソードなどを紹介します。
月琴の音楽は、江戸時代から伝承されている音楽、まさにお龍が長崎で
習い覚え龍馬が耳を傾けた音楽です。


【詳細情報&チケット予約】
https://tiget.net/events/11014

【お問い合わせ】
朗読音楽会事務局 order@seikonagata.com

詩と短歌&音楽&ライブペインティングの人間賛歌! カウンター達の朗読会Vol.11~僕たちのクロスカ

開催日:2017年6月24日(
開催場所:東京都 LOFT9 Shibuya
時間:19時00分開演(18時00分開場)
料金:2000円 前売¥2000 / 当日¥2500 (共に飲食代別)
関連web: LOFT9 Shibuya イベントページ (http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/62934)
内容:
健全に生きられなかった出演者たちがお届けする全力のエンターテイ
メント。
個性的であれなんていう幻想はわたしたちが全部ふきとばしておくか
ら、こうして同じでいようね。「生きたい」って思う同じでいよう
ね。

ユニゾンができないきみが投げ捨てた孤独のゴミは愛おしかった(成
宮アイコ)
君はきみ僕はぼくしかできやしない心臓一つの飼育係りだ(葛原りょ
う)

【出演】
成宮アイコ(こわれ者の祭典 / 朗読詩人)
葛原りょう(大衆文藝ムジカ主筆 / 詩人・歌人・俳人)
Tokin(ライブペインティング / 会場装飾)
タダフジカ(ギターSSW)
江藤善章(パンフルート)

【恒例企画 あなたの言葉をさけびます】
あなたの心の叫びを当日のライブ中、成宮アイコ・葛原りょうの二人
が絶叫朗読します。140文字以内のメッセージとお名前(ハンドルネ
ームでも結構です)を添え、件名を「カウンターメッセージ」として
counter.roudoku@gmail.comまで送信してください。もちろん当
日会場に来られない方のご応募もOKです。
【締切:2017年06月20日23:59】
※必ずしもすべてのメッセージを朗読できるとは限りませんのであら
かじめご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

★前売りは4/8(土)10時〜ローソンチケット【Lコード:
33089】
★入場順はローソンチケット前売り→当日券の順です。
★ローソンチケット前売りをご購入のお客様には、入場時に手書きメ
ッセージを入れたポストカードをお渡しいたします

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

成宮アイコ
http://counter.hotcom-web.com/wp/
Twitter:@aico_narumiya
 機能不全家庭で育ち、不登校・リストカット・社会不安障害を経験
した朗読詩人。赤い紙に生きづらさをテーマにした詩や短歌を読み捨
てていく絶叫朗読。フジテレビ「スーパーニュース」NHK「福祉ネ
ットワーク」や「朝日新聞全国版」で紹介され新潟・東京・大阪を拠
点に全国で興行。大ホールでの真面目なフォーラムから、地下のライ
ブハウス、メンタルヘルス系以外のトークイベントまで何でも出演。
鬱期により人生に数年間の空白があるため「今は余生だから普通の人
の3倍出会う!」を信条にしている。赤裸々な言動でYoutubeや
Amebaからコンテンツを消されることがあり、絶対に黙らないでい
ようと心に決めている。

葛原りょう
http://musica.ganriki.net/
 詩人・歌人・俳人の3大文明を極める。東京都三鷹市出身。趣味は
酒とガンダム。7歳より不登校を始める。喘息、アトピーにより毎年
入院し病院に親しむ。いじめにより特別学級で過ごす。釣りと文学と
ナウシカとあしたのジョーと愛に目覚める。「新しき村」で2年半の
農業生活を送る。農薬スミチオン服毒数回、切腹自殺を図るが警官に
囲まれ13針の未遂に終わり13階段を諦める。絶唱バンド「ムジカマ
ジカ」でパリ遠征と12回のワンマンライヴを成功させる。歌人・福
島泰樹氏に師事。詩集に『朝のワーク』『魂の場所』。文芸誌「大衆
文藝ムジカ」主筆。第4回芝不器男賞俳句新人賞対馬康子奨励賞受
賞。2014年暮れに第一歌集「風の挽歌」を上梓、「風の挽歌」が第
8回日本一行詩大賞新人賞を受賞。

Tokin
http://www.tokin.info/
 アーティスト、イラストレーター。 悲しみや戸惑いを主なテーマ
に、柔らかな心象風景を描いている。美大への入学を目指し進学校に
通うが、精神にトラブルを来して高校を中退、精神科病棟へ入院。
フリースクールへ通った後、再度、絵の勉強にチャレンジ。なんとか
就職しかけた所でまたもやダウン、入退院を繰り返す。解離性障害及
び双極性障害と診断される。長期入院の中で「病気/健常」の定義に
疑問を感じ、退院後の2012年より自分の病状を日記風に描いたフリ
ーペーパー 「ゾンビ道場」を発刊。活動の様子がテレビ東京や朝日
新聞東京版で紹介される。現在も通院を続けつつ、絵画、イラスト、
マンガ、ライブペイントなど幅広く活動中。正常と異常の、夢と現実
の、希望と絶望の、境界から見た世界は何色?

タダフジカ
http://tadashideska.wixsite.com/tadafujika
 『揺り籠から墓場まで』といわんばかりに多色なギタープレイ。
『ド』がつくほどストレートな歌。それらを混ぜ合わせ、フォークパ
ンクとして消化したのがタダフジカの音楽。シンガーや詩人、ダンサ
ーや即興パフォーマンスとのセッションなど幅広く活躍中。骨の太さ
がチャームポイント。

第4回JILA朗読コンクール

開催日:2017年8月12日(
開催場所:東京都 江戸川区立東部フレンドホール
時間:19時00分開演
料金:0円 参加料:予選‥3,000円 本選‥11,000円
内容:
朗読文化の振興発展を目的とし、また優れた朗読家
の発掘並びに活動の場の提供を目的としたコンクー
ルです。

応募資格:一切を問いません

課題:予選(テープ審査) 
   演目は自由選択(録音は5分以内)
   
   本選(一般公開) 
   予選と同じ台本を朗読(8分以内)

申込期間:2017年2月28日(火)~7月18日(火)

入賞・入選者は『朗読の祭典』(2017年10月25日)に
出演していただきます。チケット:1枚2500円

要項のご請求、お問合せ、お申込みは下記までご連
絡ください。
国際芸術連盟
〒160-0022 新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル 2階
TEL:03-3356-4033 FAX:03-3356-5780
Mail:music@jila.co.jp  
HP:http://www.jila.co.jp
rssフィードRSS2.0