朗読暦> 2010年9月> 17日> 『ぼくはこうやって詩を書いてきた』出版記念  対談×朗読×サイン会 谷川俊太郎の詩の現在(いま)

『ぼくはこうやって詩を書いてきた』出版記念  対談×朗読×サイン会 谷川俊太郎の詩の現在(いま)

開催日:2010年9月17日 (金)
開催場所:東京都 ジュンク堂書店 池袋本店 4階喫茶
時間:19時00分開演
料金:1000円
関連web: ジュンク堂書店公式サイト (http://www.junkudo.co.jp/)
内容:
『ぼくはこうやって詩を書いてきた』出版記念 

対談×朗読×サイン会

谷川俊太郎の詩の現在(いま)

谷川俊太郎(詩人)×山田馨(編集者)

■2010年9月17日(金)19:00~

日本の現代詩の第一線を、長年にわたり走り続けてきた谷川俊太郎さん。

しかし、1990年代の半ば頃、詩を書こうとしなくなった時期がありました。

沈黙を経て、2000年頃から再び精力的に書き始めた谷川さんの詩は、

今までに見たことのない、圧倒的な魅力を備えたものでした。

極端に少ないことばで自分の日々を語ろうとした『minimal』、

初めての長編でしかも物語性のある詩を集めた『トロムソコラージュ』、

やさしく語りかけることばで生きることの深さを訴える『子供たちの遺言』……。

詩の変身と飛躍の裏に何があったのか、詩人のなかで、一体何が変わったのか。

『ぼくはこうやって詩を書いてきた』(ナナロク社刊)の共著者であり、

谷川さんが「親友」と呼ぶ編集者、山田馨さんを相手に、

人生と詩作の両面から本音で語り合います。


◆講師紹介◆

谷川 俊太郎(たにかわ しゅんたろう)

一九三一年東京生まれ。一九五二年『二十億光年の孤独』(創元社)でデビュー。

詩作のほか、絵本、翻訳など幅広く活躍している。読売文学賞、日本翻訳文学賞、

野間児童文芸賞、萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞ほか受賞多数。

山田 馨(やまだ かおる)

一九四一年東京生まれ、長野県育ち。東京大学文学部卒。

エールフランス勤務を経て、岩波書店に入社。

主に教育書や児童書の編集に携わる。谷川俊太郎・太田大八との

共著に『詩人と絵描き 子供・絵本・人生をかたる』(講談社)、

くさのだいすけ名での著書に『きょうりゅうのかいかた』(岩波書店)などがある。

☆会場・・・4階喫茶にて。入場料1,000円(ドリンク付き)

☆定員・・・40名

☆受付・・・1階サービスカウンターにて。電話予約承ります。

ジュンク堂書店 池袋本店

TEL. 03-5956-6111 FAX.03-5956-6100

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

月別一覧

rssフィードRSS2.0