朗読暦> 2010年9月> 18日> 第3回 関西朗読コンテスト

第3回 関西朗読コンテスト

開催日:2010年9月18日 (
開催場所:大阪府 薬業年金会館3階ホール(大阪市中央区谷町6丁目5番4号)
時間:12時30分開演
料金:500円
関連web: 雑誌『上方芸能』 (http://www.kamigatageinou.gr.jp/index.html)
内容:
第3回 関西朗読コンテスト

とき : 2010年9月18日(土)12:30~16:30
ところ : 薬業年金会館3階ホール
地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅真上4出口
電話06-6768-4451
参加費 : 3,000円(現金書留、郵便振替、持参のいずれか)
当日入場料 : 500 円(コンテスト応募者は無料)

《趣旨》 1990年代に入り朗読・語りの公演が各地で開かれています。朗読・語りを志している人達をコンテストで励まし、朗読人口のより一層の広がりと朗読水準の向上を図ります。
《対象》 朗読を勉強している高校生以上のアマチュアの人、これまでの大賞・優秀賞受賞者は除く。
《出場者》 20人(1人8分の朗読、群読は不可、マイク使用可)
《応募締切り》 2010年7月16日(金) 当日消印有効
《応募先》 『上方芸能』編集部・関西朗読コンテスト事務局
《事前審査》 コンテスト出場申込者は朗読テープ、またはMD、CD(8分)を提出してください。それらは返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。それで事前審査を行い、20人を選びます。事前審査は『上方芸能』編集部内のコンテスト実行委員会があたります。なお、事前審査結果は8月中旬までに各々の申込者にお知らせします。また、事前審査の講評については応じかねます。

《審査委員》
日本演劇学会副会長 菊川徳之助
(元近畿大学文芸学部舞台芸術専攻教授。Kyoto演劇フェスティバル実行委員長。演出家、俳優としても活躍)

『上方芸能』発行人 木津川計
(1968年、雑誌『上方芸能』を創刊。立命館大学教授を経て、現在は和歌山大学客員教授。1998年菊池寛賞受賞)

朗読劇団あめんぼ座代表 西垣瑩子
(1951年、朝日放送専属ABC放送劇入団。劇団くるみ座を経て1973年に日本で最初の朗読劇団あめんぼ座創立)

NHK「ラジオ深夜便」アンカー 西橋正泰
(元NHKエグゼクティブ・アナウンサー。在職中は「日曜美術館」「お母さんの勉強室」ほかを担当)

関西朗読家クラブ代表 端田宏三
(1953年、NHK大阪放送劇団入団以降、ラジオ・TV・映画・舞台と多彩に活躍。同劇団代表として公演活動を行う)

《参加費》 3,000円(現金書留、郵便振替、持参のいずれか)
《当日入場料》 500円(コンテスト応募者は無料)
《表彰》 大賞1名、優秀賞2名、奨励賞1名
※入賞者には賞状と楯を、奨励賞には賞状をそれぞれ授与いたします。
《主催》 『上方芸能』編集部
《助成》 独立行政法人日本万国博覧会記念機構

●お申し込み・お問い合わせ
『上方芸能』編集部
関西朗読コンテスト事務局
〒550-0003 大阪市西区京町堀1丁目12-14 天真ビル607号
TEL . 06-6441-3337
FAX . 06-6447-0900
郵便振替口座 00980-2-62752
『上方芸能』編集部
第3回関西朗読コンテスト

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

月別一覧

rssフィードRSS2.0