朗読暦> 2010年5月> 3日> 坂東玉三郎が語る「海神別荘」朗読と音楽で綴る言の葉コンサート

坂東玉三郎が語る「海神別荘」朗読と音楽で綴る言の葉コンサート

開催日:2010年5月3日 (月)
開催場所:香川県 サンポートホール高松(高松市サンポート2-1 )
時間:15時00分開演(14時30分開場)
料金:6500円
関連web: サンポートホール高松 (http://www.sunport-hall.jp/)
内容:
(財)高松市文化芸術財団・高松市
サンポートホール高松主催事業
『坂東玉三郎が語る「海神別荘」朗読と音楽で綴る言の葉コンサート』遙か海底でおりなす 美女と公子の愛おしい 夢幻の世界

公演期間 2010年5月3日(月・祝)
会場 サンポートホール高松
〒760-0019 高松市サンポート2-1

解説
2009年7月、歌舞伎座さよなら公演で市川海老蔵らと上演され絶賛を博した作品が、希代の歌舞伎俳優坂東玉三郎によって朗読公演として初めて舞台化。「天守物語」に続く第2弾として高松を皮切りに初のツアーを行います。(関西以西高松のみ)歌舞伎で見せる演技とは一味も二味も異なるのが坂東玉三郎の朗読公演。水底の宮殿を舞台にした幻想味あふれる泉鏡花の世界を美しいハープの音色とともにご堪能下さい。

ストーリー
遙か海底にある宮殿の公子のもとへ、地上の美女が、公子に仕える女房や黒潮の騎士たちに伴われて、輿入れのために向かっています。公子は博士や沖の僧都とさまざまに語り合いながらこの様子を眺め、その美しい姿に嘆息するのでした。まもなく美女が宮殿に到着し、公子は美女と対面するとやさしい言葉をかけて、桃の露と呼ばれる美酒でもてなします。そしてその公子からさずかった宝石や指輪を陸の父に一目見せたいと懇願し、いつまでも地上の未練を訴えるのです。すると公子はもはや美女が人間ではないことを明かし、美しい蛇になったと告げます。この話を聞いた美女は深く悲しむので、公子は次第に怒りを顕わにし、ついには臣下に命じて美女を斬ろうとします。すると美女は、できるなら公子の手にかかって死にたいと切望し、公子もためらうことなく美女に剣を向けます。ところがその刹那の公子の表情を見て、美女はようやく心を通わせ、公子の腕に抱かれるのでした。

スタッフ
舞台監督/久保克司(Staff Station)
照明/池田哲朗(PAC West.Inc)
舞台美術/長崎圭位子
Gデザイン/Song MoonJa
制作/尾崎嘉代子(Duex Design)

キャスト
作/泉鏡花
朗読/坂東玉三郎
ハープ/朝川朋之
ト書き朗読/山本昂尚
お問い合わせ サンポートホール高松
http://www.sunport-hall.jp/
087-825-5010

平日9:00~17:30の間にお問い合わせください。
チケット発売日

2010年2月2日(火)
入場料金

S席6,500円/A席5,500円(全席指定・税込)

チケット発売窓口
・サンポートホール高松プレイガイド 087-825-5008
銀行振込でもお求めいただけます。お問い合わせ・ご予約ください。(9:00~18:30)
・ローソンチケットlawsonticket.com Lコード:66982
・高松市役所生協 087-839-2043
平日のみの取り扱いです。
・高松三越7F三越友の会カウンター 087-825-0768
3月31日までの取扱いです。
・ヤマハミュージック中四国高松店 087-822-3068
・丸亀市民会館 0877-23-4141
※サンポートホール高松友の会の会員様は割引がございます。

上演時間 約2時間20分

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
rssフィードRSS2.0