朗読暦> 2010年2月> 4日> 演劇倶楽部『座』第24回公演 詠み芝居「おたふく」 

演劇倶楽部『座』第24回公演 詠み芝居「おたふく」 

開催日:2010年2月4日 (木)
開催場所:東京都 東京芸術劇場小ホール2(東京・池袋)
時間:14時00分開演、19時00分開演
料金:6000円
関連web: 演劇倶楽部『座』|第24回公演 詠み芝居「おたふく」 (http://za01.com/new/201002otafuku/index.html)
内容:
おしず・おたか姉妹を中心に描く、江戸下町の人情味溢れる切なくてあったかい物語。

人のことは決して悪く言わない
他人のことは決まって褒めるか感心している
彼女にとっては悪い人間などは一人もいないのだ
そして、自分のことはいつも「のろまでおたふくだ」と言う・・・

山本周五郎のおたふく三部作「妹の縁談・湯治・おたふく」を小説の原文のまま舞台化。
2006年に上演し、客席を笑いと涙の渦に巻き込んだ人情噺の傑作を、
元音楽座の看板女優で現在もミュージカルを中心に活躍している土居裕子をおしず役に迎え、装いも新たに復活します。

【出演者】
おしず : 土居 裕子(プランニング・クレア)
おたか(おしずの妹) : 相沢まどか
貞二郎(彫金師) : 中山 昇
絹女(生花の師匠) : 前田恵美子/冨田美恵子(ダブルキャスト)
てつ(おたかの姑) : 溝上 伊都子
いく(おしずの母) : 蒔村 三枝子
新七(おしずの父) : 望月 邦秋
栄二(おしずの兄) : 森 一馬
おその(来助の妻) : 五十野 睦子/武藤 淳子(ダブルキャスト)
お市(来助の娘) : 大坂 優
長屋の女房 : 秦 和子・栗原 香代子
茶屋の婆 : 北原 久子(座・シェイクスピア)
物売り他 : 佐藤 光生
よろづや : 髙山 春夫
長太郎(長屋の子供)おしず(子供時代) : 佐藤 瑠花(カオス・パフォーマーズオフィス)
杵屋勘斎(長唄の師匠)島崎来助(貞二郎の師匠)他 : 内山 森彦(コスモプロジェクト)
語り : 壤 晴彦
演奏 : 鳳聲 喜三雄(笛)

【日程】2010年2月2日(火)~7日(日)
上演時間: 約2時間半(休憩15分含)を予定しております。

【会場】東京芸術劇場小ホール2(東京・池袋)

【料金】<全席指定>
前売:5,500円 当日6,000円

<★2/2(火)19時 プレビュー公演>
前売:4,500円 当日5,000円

学生:3,500円 (前売当日共/プレビュー公演も同額/演劇倶楽部『座』での取扱のみ)
【チケット取扱】 11月30日(月)一般前売開始

●東京芸術劇場チケットサービス Tel:03-5985-1707
●チケットぴあ Tel:0570-02-9999(Pコード:399-498)
●ローソンチケット Tel:0570-084-003(Lコード:31690)
 →店頭販売:ローソン店内Loppiで直接購入いただけます。
●e+(イープラス)
●演劇倶楽部『座』 Tel:03-6431-0377 Fax:03-6431-0378
 →※『座』友の会会員前売価格5,000円〈11月24日(火)先行予約開始〉
【スタッフ】 作:山本周五郎/構成・演出:壤晴彦/音楽・演奏:鳳聲喜三雄/振付:林千永/美術:大田創/音響:寺田泰人(SCアライアンス)/照明:塚本悟 (A.S.G)/舞台監督:加藤事務所/衣装:山口徹(東宝コスチューム)/かつら:奥松かつら/宣伝美術:上原美和(i-on)

後援:新潮社
(掲載文庫:妹の縁談[つゆのひぬま]/湯治[松風の門]/おたふく[大炊介始末])
企画制作:演劇倶楽部『座』

平成21年度文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
rssフィードRSS2.0