朗読暦> 2009年10月> 28日> 紫吹 淳 九つの物語 Vol.1 「人魚の嘆き」 「魔術師」 谷崎潤一郎

紫吹 淳 九つの物語 Vol.1 「人魚の嘆き」 「魔術師」 谷崎潤一郎

開催日:2009年10月28日 (水)
開催場所:東京都 セルリアンタワー能楽堂(渋谷駅より徒歩5分)
時間:18時30分開演(18時00分開場)
料金:5800円
関連web: アーティストジャパン|紫吹淳 九つの物語 Vol.1 (http://www.artistjapan.co.jp/ninestorys_vol.1.htm)
内容:
紫吹 淳
九つの物語
Vol.1 「人魚の嘆き」 「魔術師」
谷崎潤一郎(中公文庫刊)

構成・演出/一井久司
 
2009年10月27日・28日 セルリアンタワー能楽堂

みどころ
2010年、本格派女優としてさらに躍進する紫吹淳――。
今改めて〝美しい台詞〟を目標に、3年がかりで9人の作家を選び、朗読パフォーマンスを今秋から開始します。
それは、単に台詞術の向上を目指すだけではなく、名作と対峙することで、自らの内に眠る文学性を呼び覚まし、演技・ダンス・歌に至るまで、表現力を高める目的で取り組む、紫吹淳の新たなる挑戦です。
演出は、NHKで大河ドラマを始めとする数多くのドラマの演出・プロデュースを手がけてきた一井久司があたります。
記念すべき第1回目は、谷崎潤一郎の作品の中から大正モダニズムの香りあふれる詩のような短編二作品を、若手歌舞伎俳優の中村隼人の出演を得てお贈りいたします。
10月27日は、「人魚の嘆き」
――〝美〟を求め続けながら退屈な毎日を送る南京の貴公子が、オランダ人から人魚を買うが、次第に
人魚に魂を奪われ、帰りたいという人魚の願いを
聞き届ける…

10月28日は、「魔 術 師」
――浅草六区を思わせるサイケデリックで猥雑な街に、誰でも虜にしてしまうという噂の魔術師を見物に行く恋人の物語…

大人の童話とも言える耽美的かつ悪魔的な短編を、時空を超越する空間である能楽堂で、二胡の生演奏に乗ってファンタジックにお楽しみいただきます。

キャスト
紫吹淳
中村隼人
野沢香苗(二胡奏者)

公演概要
10月27日(火)
演目 「人魚の嘆き」谷崎潤一郎(中公文庫刊)
開演時間 午後2時(開場は開演の30分前)

10月28日(水)
演目 「魔 術 師」谷崎潤一郎(中公文庫刊)
開演時間 午後6時半(開場は開演の30分前)

会場 セルリアンタワー能楽堂
渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワーB2 TEL:03-3477-6214
渋谷駅より徒歩5分

料金 5,800円(全席指定・税込)

お問合せ アーティストジャパン 03-6820-3500


チケット
アーティストジャパン 03-6820-3500

電子チケットぴあ 0570-02-9999
【Pコード 399-126】

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
rssフィードRSS2.0