朗読暦> 2019年6月> 28日> 第1794回Projiet La Voix des Poètes(詩人の聲)天童大人 96回目の参加

第1794回Projiet La Voix des Poètes(詩人の聲)天童大人 96回目の参加

開催日:2019年6月28日 (金)
開催場所:東京都 ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
時間:19時00分開演(18時30分開場)
料金:3000円 予約2500円 学生1500円(学生証提示)
関連web: 天童大人 詩人・朗唱家・字家の公式ブログ (http://universalvoice.air-nifty.com/)
内容:
肉聲の復権を目指したアートパフォーマンスProjet La Voix des Poètes(詩人の聲)に、詩人・朗唱家・字家の天童大人、Projet参加、96回目の聲。

2002年3月、ヴェローナの<春の詩祭>に、ノーベル文学賞候補詩人ロベルト・サネージを讃えた詩祭に招待され、ヴェローナのアレーナ(野外闘技場)で、聲を撃たせていただいた時だ。暗いい地下道から階段を出て、闘技場を見た瞬間、”可愛い”と感じたのだ。凄く気が楽になった。
アレーナ・デ・ヴェローナの直線は、170M
。1990年から始めている聲ノ奉納 in 対馬/
和多都美神社、一の鳥居から、四つの鳥居を通して、230M先の本殿、そしてその奥の丘に当てて、わたしの背後迄、聲を響かせるのだから、当然小さい、可愛いと感じた訳だ。

夏になると世界のオペラファンが集い、2万2000人を収容出来る野外劇場で、聲を撃ち込めたことは、これからの天童に大きな影響を与えるよ、と言った森下慶三こと画家KEIZOのコトバが甦ってくる。
2006年7月、ヴェネズエラ・カラカスで開催された第3回カラカス国際詩祭で、2250人収容の大劇場でも、勿論、ノーマイクで聲を撃ち込む!
そして、聲ノ奉納は、6月3日で,30回、即ち、30年、聲を撃ち込み続けた聲を今回もお贈りする!

こうご期待!

協賛:橋本五郎文庫(秋田県三種町)、マミ・ドルチェ工房、大和自動車交通グループ、匿名、西肇

予約・お問い合わせは
*ギャルリー東京ユマニテ(京橋)
〒104-0031 中央区京橋3-5-3京栄ビル
東京メトロ銀座線京橋駅②番出口下車徒歩2分
Tel:03-3562-1305 Fax:03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp https://g-tokyohumanite.com/

北十字舎 
〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目61-1-603
Tel:03-6459-7611 Fax:03-6459-7647 Mobil:090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com  URL・http://universalvoice.air-nifty.com/   

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

geotargeting

ランキング

累計:417666
本日:51
昨日:89

月別一覧

開催地別一覧

rssフィードRSS2.0