朗読暦> 2009年10月> 24日> 櫛部妙有朗読会 泉鏡花作 高野聖

櫛部妙有朗読会 泉鏡花作 高野聖

開催日:2009年10月24日 (
開催場所:東京都 衎芸館(荻窪駅南口より徒歩7分)
時間:13時30分開演(13時00分開場)
料金:3000円
関連web: 朗読家 櫛部妙有公式サイト (http://kushibe.modalbeats.com/)
内容:
櫛部妙有朗読会 泉鏡花作 高野聖
宗門名誉の説教師が、真冬の宿で語り聞かせた真夏の出来事

会場 衎芸館(かんげいかん)
〒157-0051 東京都杉並区荻窪3-39-14
Tel/Fax 03-5347-2668
駐車場はございません。車での来館はご遠慮ねがいます。

日時 二〇〇九年一〇月二四日

開場 一三時

開演 一三時三〇分

チケット 三、〇〇〇円(当日三、五〇〇円)

構成 如月貴春

音楽 高橋通

朗読 櫛部妙有

琴 高橋澄子

尺八 川俣仁

お問い合わせ オフィス貴香・櫛部 042-973-6966

 不思議や、唄つた時の白痴の其の清らかな涼しい声といふ者は
・・・・・・私は畏まつて聞き果てると、何か胸がキヤキヤしてはらはらと落涙した。すると婦人は「貴僧は真個にお優しい」といつて、得も謂はれぬ色を目に湛へてぢつと見た。私も首を低れた、むかうでも差俯向く。戸外は恰も真昼やのう、月の光は開け拡げた家の内へ、はらはらとさして紫陽花の花の色も蒼かつた

『高野聖』の物語の要は、この場面にあると思うのです。
外見に惑わされず、人の心が真っすぐ通じた時の静かな美しさ。
鏡花は青い紫陽花が好きでした。そして、心映えの美しさを尊んだ「義」の人だと、私は思っています。
妙有 談

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

月別一覧

開催地別一覧

rssフィードRSS2.0