朗読暦> 2009年9月> 11日> 朗読劇 「The Message from Gaza - ガザ 希望のメッセージ-」

朗読劇 「The Message from Gaza - ガザ 希望のメッセージ-」

開催日:2009年9月11日 (金)
開催場所:京都府 多目的カフェ「かぜのね」(京都市左京区田中下柳町7-2)
時間:19時00分開演(18時15分開場)
料金:500円
関連web: 多目的カフェ「かぜのね」 (http://www.kazenone.org)
内容:
とき:2009年9月11日(金)

開場 18:15 /  開演19:00~20:30
※書籍やパレスチナの刺繍製品も販売いたします。

ところ:多目的カフェ「かぜのね」 
出町柳駅(京阪・叡電)より東へ進み、1本目の路地を下る(両駅より徒歩1分)。
http://www.kazenone.org
075-721-4522

出演:「国境なき朗読者たち」

参加費:学生300円 おとな500円

※会場の都合により、参加ご希望の方は下記へご予約ください。先着25人。

主催:つばめクラブ
メール keukmi@yahoo.co.jp / 電話 090-3286-0523 (あんどう)

Why we wanna play? 
 昨年暮れから1月にかけて、ガザがイスラエルに攻撃されました。攻撃は日々、エスカレートし、ついには水をかけても鎮火せずに皮膚を焼き続ける白リン弾まで使われました。150万もの人々を出口のない空間に閉じ込めて袋のねずみ状態にして、一方的に破壊し殺戮する。そんな信じられない攻撃にガザの人びとは3週間にわたり見舞われたのです。1400もの命が奪われ、大勢の人々が傷つきました。
そうして初めて、私たちは、「ガザ」に出会った…。

 ガザの住民の大半が難民たちです。難民となってこの61年のあいだに、彼らはパレスチナで、レバノンで、ガザで、まるでエンドレス・フィルムのように、繰り返し、このような破壊と虐殺を生き続けてきました。
 破壊と虐殺のなかで、みずからの命を賭して、今、そこで起きていることを世界に知らせようとした人たちがいました。そこには、この現実を知れば、人は決してこんなことを許しはしないという思いがこめられています。それは、この信じがたい殺戮のなかにあって、それでもなお、人は決して他者の痛みを見捨てたりはしないというメッセージ、人間が善なることを、世界が善なることを信じる、希望のメッセージです。

 「忘却が次の虐殺を準備する」――韓国のある詩人の言葉です。
あれから8ヶ月がたって、ガザはもう報道されません。
ガザは再び忘却の淵に沈もうとしています。忘却にあらがい、このエンドレス・フィルムに「ジ・エンド」の文字を刻むために、ガザから私たちに向けて発せられた希望のメッセージを聞きとどけたい、そんな思いでこの朗読劇を作りました。
その思いを多くの方と分かち合えれば幸いです。
(国境なき朗読者たち おか まり)  

Who is \

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
rssフィードRSS2.0