朗読暦> 2011年7月> 12日> -Love for Japan- Journey back Home

-Love for Japan- Journey back Home

開催日:2011年7月12日 (火)
開催場所:東京都 BLUE NOTE TOKYO
時間:19時00分開演(17時30分開場)、21時30分開演(20時45分開場)
料金:5250円
関連web: BLUE NOTE TOKYO (http://www.bluenote.co.jp/jp/index.html)
内容:
“音楽、そして日本の言霊を通して、日本が少しでも元気になれたら。それぞれが大切にしてきた存在へ想いをはせる、そんな「心の旅」を共有できるひと時を提供できたら”――詩、絵本、散文、翻訳、小説、脚本、作詞等、幅広い分野で活動を続ける谷川俊太郎を中心とする“音楽と朗読による夕べ”の開催が決定した。プログラムは谷川とレイチェル・チャンのポエトリー・リーディング、および溝口肇、谷川賢作、石井聖子らミュージシャンとの共演で構成。スペシャル・ゲストの登場も予定されている。詩と音楽がどのように融合し、どのようなアンサンブルを奏でるのか。“音楽はかけがえのない存在”と語る谷川俊太郎の世界を、心ゆくまで味わいたい。

-Love for Japan-
Journey back Home
-音楽と朗読でお連れする「こころの旅」-
音楽:溝口肇、谷川賢作、石井聖子
朗読:谷川俊太郎、レイチェル・チャン

2011 7.12tue.
公演時間

[1st]Open5:30p.m. Start7:00p.m.
[2nd]Open8:45p.m. Start9:30p.m.

Jam Session会員予約受付開始日:6.6mon.
一般予約受付開始日:6.13mon.


メンバー
Shuntaro Tanikawa(poetry reading)
谷川俊太郎(朗読)
1931年東京生まれ。1952年、第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で文筆を業として今日にいたる。代表作は「生きる」「朝のリレー」など、最新刊は詩集『すき』、『私』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。

Hajime Mizoguchi(cello)
溝口肇(チェロ)
テレビ朝日の番組『世界の車窓から』のテーマ曲をはじめTV/映画のサウンドトラックやCM音楽を多数手がけ、また多重録音を屈指した独自のヒーリング・ミュージックを創り出すなど幅広く活躍するチェリスト兼サウンド・プロデューサー。

Kensaku Tanikawa(p)
谷川賢作(ピアノ)
1960年東京生まれ。ジャズピアノを佐藤允彦に師事。‘80年代半ばより作・編曲の仕事をはじめ、映画「四十七人の刺客」、NHK「その時歴史が動いた」テーマ曲などを担当。3度の日本アカデミー賞優秀音楽賞に輝く。

Seiko Ishii(vo)
石井聖子(ヴォーカル)
母親(歌手 坂本スミ子)の影響で音楽に魅せられ、中学・高校と音楽部に所属。\'96年にソロ・デビューを果たし、今年6月には歌謡バラードという新たなジャンルでデビュー。

Rachel Chan(poetry reading)
レイチェル・チャン(朗読)
幼少時代をニューヨークで過ごし、演劇・アートと出会う。大学卒業後は主にニュースキャスターとして活躍、その後イギリスに5年間滞在。現在はJ- WAVE「ランデヴー」のナヴィゲーター、声優、ナレーターとして活動中。

他メンバー未定

チャージ料金:¥5,250(税込)

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村

月別一覧

開催地別一覧

rssフィードRSS2.0