朗読暦> 2010年12月> 24日> 新作音楽朗読劇「停電の夜に」

新作音楽朗読劇「停電の夜に」

開催日:2010年12月24日 (金)
開催場所:東京都 日経ホール(千代田区大手町1-3-7)
時間:19時00分開演
料金:5500円
関連web: ジェイ.クリップ (http://www.j-clip.co.jp/JCLIP_HP/)
内容:
公演期間 2010年12月23日(木・祝)~12月24日(金)
会場 日経ホール
〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7
PR・解説 ピュリツァー賞、O・ヘンリー賞、PEN/ヘミングウェイ賞ほかを受賞した傑作。
深い余韻を残すラヒリ作品本邦初演!
「停電の夜に」「三度目で最後の大陸」

スタッフ
作=ジュンパ・ラヒリ
音楽=笠松泰洋
演出=板垣恭一
キャスト 麻実れい

演奏=
室谷光一郎(ヴァイオリン)
高子由佳(クラリネット)
大宅さおり(ピアノ)
お問い合わせ ジェイ.クリップ
03-3352-1616

短編集「停電の夜に」は、米国在住のインド系女流作家ジュンパ・ラヒリのデビュー作。
繊細でしなやかな筆致で、夫婦のすれちがいや感情の揺れ動きを丹念に描いた9つの短編からなる本作は、ピューリッツァー賞、O・ヘンリー賞、PEN/ヘミングウェイ賞など数々の賞に輝きました。この傑作短編集から、とりわけプロデューサーと作曲家が共鳴した珠玉の2編「停電の夜に」「三度目で最後の大陸」を音楽朗読劇として12月に上演します。朗読は、宝塚歌劇団出身で、演劇界で鮮烈な存在感を放つ名女優 麻実れい。音楽は、蜷川幸雄作品をはじめとした舞台やダンスなどの音楽も手がける才人 笠松泰洋。演奏も気鋭の音楽家が集まります!クラシックもジャズもこなす天才肌のヴァイオリン奏者 室屋光一郎、水戸室内管弦楽団、東京都交響楽団で活躍するクラリネット奏者 高子由佳、ヨーロッパを中心に活躍する ピアニスト大宅さおり。演出は、「暗くなるまで待って」「サイドショウ」など話題作を手がけ、人間の内面を丁寧に描く演出に定評がある板垣恭一。第一級のキャスト・スタッフがクリスマスシーズンに贈る新作音楽朗読劇「停電の夜に」にご期待ください。

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
rssフィードRSS2.0