朗読暦> 2010年12月> 18日> 兵庫県立芸術文化センター開館5周年記念事業 新作音楽朗読劇「停電の夜に」

兵庫県立芸術文化センター開館5周年記念事業 新作音楽朗読劇「停電の夜に」

開催日:2010年12月18日 (
開催場所:兵庫県 芸術文化センター 阪急 中ホール
時間:14時00分開演(13時30分開場)
料金:5000円
関連web: 兵庫県立芸術文化センター (http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/center/top.html)
内容:
日時 2010年12月18日(土)

開演 14:00  (開場 13:30)

会場 芸術文化センター 阪急 中ホール

料金 全席指定 \\5,000

発売日 先行 2010年7月17日(土)

一般 2010年7月18日(日)

他の開催日 2010年12月 19日(日)

短編集「停電の夜に」は、米国在住のインド系女流作家ジュンパ・ラヒリのデビュー作。
繊細でしなやかな筆致で、夫婦のすれちがいや感情の揺れ動きを丹念に描いた9つの短編からなる本作は、ピューリッツァー賞、O・ヘンリー賞、PEN/ヘミングウェイ賞など数々の賞に輝きました。この傑作短編集から、とりわけプロデューサーと作曲家が共鳴した珠玉の2編「停電の夜に」「三度目で最後の大陸」を音楽朗読劇として12月に上演します。朗読は、宝塚歌劇団出身で、演劇界で鮮烈な存在感を放つ名女優 麻実れい。音楽は、蜷川幸雄作品をはじめとした舞台やダンスなどの音楽も手がける才人 笠松泰洋。演奏も気鋭の音楽家が集まります!クラシックもジャズもこなす天才肌のヴァイオリン奏者 室屋光一郎、水戸室内管弦楽団、東京都交響楽団で活躍するクラリネット奏者 高子由佳、ヨーロッパを中心に活躍する ピアニスト大宅さおり。演出は、「暗くなるまで待って」「サイドショウ」など話題作を手がけ、人間の内面を丁寧に描く演出に定評がある板垣恭一。第一級のキャスト・スタッフがクリスマスシーズンに贈る新作音楽朗読劇「停電の夜に」にご期待ください。

■出演者
出演 麻実れい
ヴァイオリン 室屋光一郎
クラリネット 高子由佳
ピアノ 大宅さおり

■スタッフ
作 ジュンパ・ラヒリ
翻訳 小川高義
音楽・指揮 笠松泰洋
演出 板垣恭一


チケットの取り扱い先
■チケットご予約
芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
(10:00AM‐ 5:00PM/月曜休み ※祝日の場合翌日)
7/17(土) 10:00AMより会員先行電話予約・ネット先行予約受付開始
7/18(日) より一般発売(窓口での販売は7/19(月・祝)より開始*残席がある場合のみ)

■チケット取扱いプレイガイド
チケットぴあ/0570-02-9999[Pコード:404-918]
ローソンチケット/0570-000-407(オペレーター対応)・ 0570-084-005[Lコード:58137]
イープラス/http://eplus.jp(パソコン・携帯電話)

※プレイガイドでのお取扱いについては、各プレイガイドにお問合せください。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■企画・製作 兵庫県立芸術文化センター
■主催 兵庫県
兵庫県立芸術文化センター

お問い合わせ先
芸術文化センターチケットオフィス:0798-68-0255

↓ランキングに参加しています。 クリックしていただけますと励みになります。

にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
rssフィードRSS2.0